SunSystemPlanning

社員の声

トップ採用情報社員の声

試験からシステムの仕組みに目を向ける

入社後の初仕事はシステムの受入試験でした。経験不足から勘違いをしたり、同じ失敗をしてしまうこともありました。
今では、以前はわからなかったことが理解できるようになっていたり、以前より効率よく、短時間で作業できることがあり、そのたびに成長を実感しています。2度目の受入試験では学ぶことが多かったように思います。試験に慣れてきたこともあり、作業量も増えましたが、その分作業の難易度も上がってきました。その時には、基本的なことが理解できてきたこともあり、応用的な考え方ができるようになりました。作業を行うときはどうしても進捗に気を取られてしまいがちですが、ようやくこの時にシステム自体の仕組みに目を向けることができるようになりました。

あきらめずにチャレンジすることが大切

最近は、スケジュール管理ができるように心がけています。予定外の作業が発生した場合にも対応できるように、期限に余裕をもって作業しますし、どの作業にどの程度の時間がかかるか計算、予想しながら作業を進めています。将来的には、現在の業務から経験と知識を付けて、どのような業務でも対応できるエンジニアを目指しています。さまざまな問題に対して、どのように対応すれば良いのかわからないことも発生しますが、プロジェクトチームメンバーの力も借りれば解決できるはずで、それを続けていけば問題を解決する力もつきます。わからないことがあっても、あきらめずに一緒に問題解決していける人と仕事がしたいです。

Y.T 第2システム部開発2課 2018年入社