SunSystemPlanning

社員の声

トップ採用情報社員の声

就職氷河期を乗り越えての入社

私が入社した2010年はまだリーマンショックの影響が強く、就職にも厳しい状況が続いていました。通信系を希望していたのですが、偶然通っていた学校の先輩がすでにサン・システムプランニングに入社しており、そのきっかけもあって採用していただきました。
入社後は顧客情報を管理するチームに配属となり、ハウスキープ(日々データベースに蓄積されるデータのうち保存期間の過ぎたデータを定期的に削除するプログラム)の開発を担当しました。COBOLという言語のコーディングが初めてだったので勝手が解らず非常に苦労しましたが、先輩のフォローもあって何とか乗り越えました。本番環境で問題なく稼動した時は達成感を感じましたね。

失敗も学びに変える思考を

通信のシステムで開発チームのサブシステムリーダーを任された時にチームのコントロールがうまくいかず大変な思いをしましたが、失敗をそのままにせず反省点を経験に変えられるように思考しました。自分の知識や経験の無い案件も多数経験しましたが得られたものは大きかったと感じています。
自分の仕事に対するスタンスでもあるのですが、解らない事や疑問点は放置せず納得するまで自分で考え、積極的にチームのメンバーとも話し合える姿勢が重要だと感じています。消極的な姿勢は結局失敗に繋がってしまいますね。特に経験や知識の浅い案件を乗り越えるにはチームの力が必要ですので、そんな現場環境の構築も自分の仕事だと思っています。
将来はより上流の工程に携わっていきたいと考えているので最終的にはやはりPMを担当したいですね。

T.N 第1システム部 開発1課 2010年入社。