SunSystemPlanning

社員の声

トップ採用情報社員の声

偶然の再会で入社

元は協力会社として一緒に仕事をさせて頂いておりました。その後リーマンショックの影響で、一度この業界を離れ異なる業種の仕事をしていましたが、その職場で現在の所属部署の部長と偶然再会し、仕事について話す機会を頂き、入社させて頂くこととなりました。
最初の仕事は、Nonstopのマイグレーションプロジェクトでした。中途で入社し、初めての仕事でせっかく誘っていただいた部長にがっかりされないよう必死でした。初めて行う業務の内容に困惑する所が多々ありましたが、先輩方のサポートのおかげで乗り切ることができました。

リーダーの立場になってわかったこと

通話料金計算システムでの業務アプリケーション開発では様々な面で得るものがありました。
開発業務に初めて関わった仕事で、設計から試験まで一連の開発業務を経験することができ、今の自分の技術基盤になっています。初めてサブシステムリーダーとなった時は、とても苦労しました。チームとしての作業を円滑に進める為、また作業遅延をなくす為自分で自分の作業を詰め込みすぎてしまったのです。自分で設計、開発をしながらチームの管理をしていたので、時間が足りず大変でしたが実際に自分がリーダーの立場になってみて、時間の使い方やチーム間の意思疎通をとることの重要性を認識することができました。

いろんな考え方があっていい


今後は技術と知識を高めて、プロジェクトの中心で、なくてはならないような影響力のある技術者になりたいと思っています。
プロジェクトはチームで進めていくので、いろいろな考えの方がいます。自分と違う考えを否定するのではなく、相手が話している内容も理解して仕事を進めたほうが、より広い目でシステムを見ることができると思います。 仕事をしていく上で人間関係は大切ですので、会話のキャッチボールができる人、相手のことを考えられる人たちと気持ちよく仕事がしたいですね。

I.K 第1システム部 開発1課/主任 2011年入社。